sautet
http://eigature2.blog28.fc2.com/
World Wide Weblog
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
CUBE キューブ
2007-08-05 Sun 03:04
謎の立方体CUBEという密室に閉じこめられた男女6人
その脱出までの過程を緊迫感たっぷりに描いている

謎解きのトリックや
近未来的ビジュアル
奇抜なストーリー展開で飽きさせない

CUBEが何のために作られ
自分達がなぜ閉じこめられたのか
誰も知らない

↓続きは追伸をご覧ください
脱出方法は閉じ込められた小部屋(正方形の部屋)にある
いずれかのハッチを選び
隣の部屋に移動しながら出口までたどり着くこと
ただし 
それぞれの部屋には罠が仕掛けられており
その部屋に入ってしまうと生きては出られない
安全な部屋を探し移動するしかないのだ

そこで6人は謎解きをしながら
安全な部屋へ移動し
ひたすら出口を探して移動する

その閉塞感と緊迫感
6人 という見ず知らずの人間が
限られた空間で生死をかけた状況におかれる異様な雰囲気
それらが伝わってきてスリリング

観ている間中、
血が沢山出てとか生々しいシーンが満載で
という類の怖さではなく、
人間の持つ本性の恐ろしさというものにぞっとする感覚があった

わりと低予算の映画と聞いていたけれど
映像と音がうまくかみ合っていて
狭い空間に閉じ込められた人間の心理を巧く引き出す効果が出ていたように思う

生き残る為に
限られた空間 限られた時間 限られた人 の中において
人間はどんな思考でどんな行動をし
どういうふうに互いを見るのか
そして最後に残るのは
頭脳を駆使した人間なのか
自分を大事にした人間なのか
それとも無欲の勝利なのか
そういったことがメッセージとして強く伝わってきた

最後の最後まで
閉じ込められた人たちが助かるのか
それとも滅びていくのか
ドキドキして飽きさせない秀作
スポンサーサイト
別窓 | その他(ハリウッド・ミニシアター) | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<AURORE オーロラ | 映画徒然 | MINOES ネコのミヌース>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 映画徒然 |
▼フランス映画通信
フランス映画通信

copyright © 2006 映画徒然 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。