sautet
http://eigature2.blog28.fc2.com/
World Wide Weblog
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
FANFAN 恋人たちのアパルトマン
2007-09-13 Thu 01:02
ヴァンサン・ペレーズ
ソフィー・マルソー
二大スターがまだまだ初々しい頃のラブストーリー
(ちょっとコメディ!?)

本作のヴァンサン・ペレーズは
しっかりもののフィアンセのお尻にしかれてそのままゴールイン
のはずが
自由奔放であまりにも自然体
その天真爛漫で文句なしにカワイイ
ソフィー・マルソー演じるファンファンに出会ってしまったことで
すっかり彼女に心変わり
全ての場面で右往左往している

続きは追伸をご覧ください↓
実際の国民性、個人個人の特性は別として
映画の中のフランス男達は
愛すべき「大人なのに大人になれない子供」
そんな要素を色濃く残しいい年になって
一生懸命女性を口説いていたりする

ものすごい色男よりも
ちょっと癖のある二枚目半 
みたいなキャラクターがとっても多い
勿論ストーリーにもよるのだけれど

この作品でもフランス男性ヴァンサン・ペレーズは
愛すべきキャラクターとして映ってはいるものの
真面目なふりして
ファンファン宅の隣の部屋を借り
壁一面にマジックミラーを設置し部屋同士を繋ぎ
(壁壊してましたけど。。。)
バスルームをこっそり覗くなんて・・・普通に犯罪!?

でもこのシーンがかわいいんです!
(勿論かわいいのはファンファンです!)

ファンファンがバスタブの中
美しい脚を泡の間からすっと出して
ポーズをとる
泡の合間に見え隠れする指先からつま先まで
水も滴るいい女なのです

その様子を見たい!いやダメだ!という
今更の葛藤を抱きドギマギしているヴァンサン・ペレーズが
どうしようもないなぁ~やれやれと思わせるんです
(勿論自分が同じ事をされた場合は
知った瞬間迷うことなく通報・逮捕していただきますが・・・)

ファンファンのような
自由人・天真爛漫
毎日たっぷりの太陽を浴び独り占めしているような女性は
スーツを着て働くキャリアウーマンの女性にとっては
一言で言うなら敵なのかも
そしてそのわかりきった魅力にふらふら~っと走ってしまう
男性にはがっかりする女性も多いのかもしれない

としても
人間100戦練磨はありえない
やっぱり
その人はその人で
陰も陽もある人生・出会いを繰り返しているのだろうなぁと慮って
逆にちょっとガンバロウなんて思うのもいいかもしれない

そして何と言っても
作品が90分程にしても観られる作品なのは
ソフィー・マルソーが演じるファンファンがチャーミングだから

原題はそのまま「ファンファン」
作者・監督は
この愛すべき女性をリスペクトしていて
そこに不意に強烈に惹かれてしまう男性に自分を投影しているかのよう
そう思うとマジックミラーもそうきたましたか、となるわけです
!?
スポンサーサイト
別窓 | フランス映画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<LOVERS ラヴァーズ | 映画徒然 | BEING JULIA華麗なる恋の舞台で>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 映画徒然 |
▼フランス映画通信
フランス映画通信

copyright © 2006 映画徒然 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。