sautet
http://eigature2.blog28.fc2.com/
World Wide Weblog
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
THE DEVIL WEARS PRADA プラダを着た悪魔
2007-11-28 Wed 23:21

観始め
何だか頭がごちゃごちゃしていた
どうしてだろう?
わかりやすいストーリーなのに!?

物語の中程、
主人公の恋人が誕生日に一緒にいてもらえず
そんなの君らしくない とお決まりの台詞で
自分の欲求を正当化したちょっとかわいくない
けれど逆にその頃はそれでいいと思えるその瞬間 
そのどうしてだろう?はすーっと解決していった

続きは追伸をご覧ください↓
社会人になって3年未満 一番好きな仕事から離れ
こだわりも 執着もなく 飛び込んだ薄給の仕事
そんな自分がいて
幾度となく転職を重ね いろいろな業界と人をみてきて
もう充分人の上にも立ち 
後輩を育て後輩ががっかりしない先輩でいたいと思い
仕事の核となって働くそんな自分がいる
過去の自分と現在の自分 その両方が自分自身

この一見 ファッション業界が見事に仕掛けた
お洒落で軽快な商業映画に
自分という一人の中にある二人をぼんやり見つけ始めたあたり
そう 恋人のその素直でかわいい言葉に
若かりし頃はそんなもんだったと思わされたその瞬間
まるで自分にもあったターニングポイントがそこだったと
思わせるが如く頭のごちゃごちゃはすーっと解決

この映画の中には今の自分と過去の自分二人がいる

好きでもない仕事でも頑張ることに意味があり
何事も頑張らない人には道が開けない
何に自信があり 何ができると慢心したとて
20代前半のそれに 本当に根拠があるかどうか
精神論以外の何を提示できるか
そんな疑問にぶつかることもなくやり過ごしてしまうより
目前の壁をひたすら越えていく中で まだ見ぬ自分の能力も
確信できずにいた自分が思うやりがいも 見つかる可能性が高くなる

ただ自分を知るためだけにでもやれることがある
その時 そうと気づかなくても
本当の価値は30代 世代が変わったとき
人の表情に 振る舞いに 仕草に 言葉の一つ一つに 
生き方に 必ず何がしかの成果をもたらす

20代の頃はこの映画の中の主人公アン・ハサウェイのように
そんなこと わかりっこなかった そして今は
この映画の中の上司であるメリル・ストリープのことを驚くほど理解できるし この人と働きたいとさえ思える

毎日 
目もくらむような一流デザイナーの考えつくされた新作を目にし 上司の持つ一流のコートやバッグを片付け
それを手にすることができる それを単なる雑用と思うか
ファッションに興味がないとそれは何の役にも立たないのか?
物事の本質は本当にそんなに簡単なことなのか?
上司の我儘に振り回されていると感じるか
それとも 無理難題を次々に解決していくスキルを
頭と身体を使ってひねり出す成長の過程と捉えるか
考え方一つで行動が変わり
行動が変わると仕事の仕方が変わる
仕事の仕方が変わると自分も変わっていく

この映画でメリル・ストリープ演じる鬼上司は
私自身の目には鬼ともなんとも映らない
優しい方だと思えるし実社会はもっと厳しい

一口に能力といっても人の数だけそれは存在すると思う
いろんな人がいてそれぞれ良さがあり得て不得手がある
そんなことは充分把握しきっている まさにそんな様相の
上司役メリル・ストリープは静かな声で一度しか指示を出さない
言葉足らずととるか明確だととるか
彼女のポリシー 哲学 生き方を理解していれば
多くの言葉による指示などいらない
それを見せびらかさず演じて魅せた彼女の演技力はとても光っていた

そして彼女は常に新人の能力に期待している
期待するからこそがっかりするのだから
結局メリル・ストリープは本物と本物になる原石がお好み
見せ掛けの小手先のものには興味がない
何故なら自分自身がある程度いろんなものを押し殺し犠牲にし
嘘偽りも問わずその地位までたどり着いた分
いろんなものが透けて見えるだろうから
そうしてやっと 一流の本物 と仕事ができる 
それは彼女の誇り

若くて純粋でまだまだこれから能力を開花していくべき新米が
無我夢中でもなく 一生懸命でもなく
要領や根拠のない自信だけ兼ね備えて
それらしくそこにいるのはお嫌い

以前NHKの番組で美輪明宏氏がこんな質問を受けていた
「その豪華な宝石は本物ですか?」
ちょっと失礼な質問 観ているこちらがひやっとしたその時
「ええ、全て本物ですよ。わたくし自身がフェイクですから、身に着けているものくらい本物でないとね」と満面の笑みでしっとりと話したことが思い出された。
このいろんなものを超越した深い一言に
メリル・ストリープの演技が重なったのも必然に思えた

いい仕事に就くのも大事 でも 
いい仕事をすることが何においても大事だとあらためて感じた
そして これから歳を重ねていくごとに
多くを語らずとも伝えられる人になっていきたいと思った
スポンサーサイト
別窓 | その他(ハリウッド・ミニシアター) | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<BIG NIGHT リストランテの夜 | 映画徒然 | SAINT-JACQUES... LA MECQUE サン・ジャックへの道>>
この記事のコメント
#52 mi-ko様
『永遠に美しく』面白いよね~(笑)
ブルース・ウィルスってコメディ路線が結構うまいよね☆
昔NHKで「ブルームーン探偵社」というドラマがあって3枚目がとてもよかったから「ダイ・ハード」で刑事になってアクションしてるのを観た時は結構びっくりしましたv-237
この映画のメリル・ストリープ大好きなのよ~。うちのボス達に比べたら別に我儘たいしたことないし、、、ちょっとこの人の下で働きたいと思ってしまいました。
2007-12-03 Mon 00:04 | URL | sautet #KDYCphRY[ 内容変更] | top↑
#51
私もこの映画好き~
メリル・ストリープは大好きな女優さん♪
どんな役でも人間的で、観ていて心がスッと気持ちよくなる感じ。

実は、メリル・ストリープの映画で一番よく観るのは
『永遠に美しく』だったりするんだけど・・・v-17
2007-12-02 Sun 16:19 | URL | mi-ko #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 映画徒然 |
▼フランス映画通信
フランス映画通信

copyright © 2006 映画徒然 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。