sautet
http://eigature2.blog28.fc2.com/
World Wide Weblog
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
SWIMMING POOL スイミングプール
2007-12-27 Thu 00:33

映画館にて上映が終わった瞬間
私の後ろに座っておられたご夫人二人が
率直な感想を一言
「これって結局どういう意味?」
この感想を映画館の中で映画が終わってすぐ耳にしたのは2回目
残りの1回は「ポーラX」

主人公はミステリー作家 
しかも出版社社長と気持ちがすれ違った女流作家
舞台は南仏 別荘 
そこへやってくる若い娘 
それは社長の娘であり自由奔放 挑発的で意味深


これって・・・まるで・・・
主人公がミステリー作家 
しかも出版社社長と意見が合わない女流作家
舞台は京都 祇園
そこへ関わってくる舞妓 
社長の隠し子で訳あり 挑発的で意味深(笑)
2時間ドラマみたい!!

まず
もう伏線
ミステリー作家のサラは執筆活動に少し行き詰っている
書けない ということではなく
書きたいものが書けない という意味で

出版社の社長はそこに理解が及ばない
もしくは理解しているが気づかないふりをしている
だから軽く あくまで軽いタッチで
私の南仏の別荘に行くといい
気分転換にもなるし とても静かだし
いい作品が書けるよ とそんなふうにていよく
彼女を自身から遠ざける

そこから始まるこの作品は女心が生み出す悪戯 復讐 反抗
それらをトリッキーに描いて魅せ
思わずやられた!と思わされる

問題はどの瞬間 
フランソワ・オゾンのトリック(仕掛け)がスタートするか
とてもシンプルに観ているときっと
あぁ!あの瞬間!と

けれどオゾンはあくまでトリッキー

主人公である女流作家サラの女性としての物言わぬ視線
それは若さ 自由 への嫉妬であり羨望
彼女がグラスへ注ぐライトではないアルコールが
常に飲み干されまた注がれることで浮き彫りになる
心の不安定さ
それは毅然として大人であり続ける
彼女の外見からは窺えない一面
一方
ジュリーの奔放な振る舞いから容易に想像できる愛の渇望
家族との葛藤 母親への想い
そして若さを持て余し規律を失った自由と親への反抗

それら繊細な
もの言わぬ仕草の一つ一つ
大胆な行動の一つ一つが積み重なり
女性二人の関係をあれこれと想像し引き込まれていく
それはこうも言える?
オーディエンスが自分自身の中で
おおよその「物語」を作りながら引き込まれていく

観終わった後
うまいなぁと思ったのがまず最初の感想
映画の枠を超えて
いわゆるいろんなオチを提供してくれる
そこがまたトリッキー

どこで騙され
どこで意味不明になるか!?
どこでなるほど
そう思うかお楽しみ

***
私が あぁ!あの瞬間!ね と思ったのは
シャーロット・ランプリングが少し顔を上げて
ある人物が少し遠くを見やるその顔を見た時
ここから始まった!と思えました
これ、自信ありの解釈です(笑)←といって違う解釈を持っている人がいっぱいいます!
***
スポンサーサイト
別窓 | フランソワ・オゾン監督作品 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<SERENDIPITY セレンディピティ ~恋人たちのニューヨーク~ | 映画徒然 | BIG NIGHT リストランテの夜>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 映画徒然 |
▼フランス映画通信
フランス映画通信

copyright © 2006 映画徒然 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。