sautet
http://eigature2.blog28.fc2.com/
World Wide Weblog
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
ONCE ONCE ダブリンの街角で
2008-07-19 Sat 20:24

街角にギター一本で歌い続ける青年がいて
同じ街角に
赤いバラはいかがですか と売り歩く女性がいる
同じ街角に

奏でるメロディー
昼はオーディエンスのリクエストがメイン
夜は自作の歌が主役

バラを売る合間
休憩時間の間だけ
楽器店のピアノを自由に弾かせてもらう
クラシック 時々 自作の曲

続きは追伸をご覧ください↓

街角で二人が出会い
彼は歌いたい歌を歌い
彼女は聴きたい歌を聴く

それぞれの決して裕福ではない生活
そこにある確かな家族の愛情

夢を掲げる
野心を抱く
有名になりたい名声を手に入れたい
裕福になりたい
この歌を世界中の人に

そんな熱さは感じられない

歌いたい歌がある
届けたい気持ちがある
だから歌う
伝えたい そして歌いたい

圧倒的な歌唱力や
万人受けするメロディーではないのに
伝わる歌がそこにある

感傷や郷愁は少し違う
なくした情熱をかきたて
夢を呼び覚ます熱っぽさも違う
冷めた現実を突きつけられるでもない
等身大の希望を納得させられるのとも違う

あの時一緒にいたあの人
今どこで何してるんだろう?
あの時一生懸命で
今思うと少し笑えるんだけど
無性に どうしても 元気でいてほしい
そして自分を 自分の今を 
知らせたいのではなく
伝えたい
そんなメッセージが溢れている気がした

うまくいえないけれど
人と人との小さな関係
そこから生まれる些細な喜び
その温かさが
旅立つ自分の気持ちを後押ししてくれる
出発
心の旅
さようならの時にだって

そんなことが
歌にのって伝わってくるような作品
もう一度観たいと思うより
一日経ってもずっと心に残っている
スポンサーサイト
別窓 | その他(ハリウッド・ミニシアター) | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<LITTLE MISS SUNSHINE リトル・ミス・サンシャイン | 映画徒然 | ON A CLEAR DAY YOU CAN SEE FOREVER 晴れた日に永遠が見える>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 映画徒然 |
▼フランス映画通信
フランス映画通信

copyright © 2006 映画徒然 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。