sautet
http://eigature2.blog28.fc2.com/
World Wide Weblog
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
THE ADVENTURES OF PRISCILLA, QUEEN OF THE DESERTプリシラ
2008-09-27 Sat 23:42

その舞台とて
一大レビューというほど盛大なものではなく
ドラッグクイーンとて
日々中傷と罵声の中で踊る一人の人であり
結局 最もドラマチックなのは人生ドラマ
一人一人の人生 その舞台
それこそショウタイム

マトリックスでエージェント・スミスを演じた彼が
主人公のゲイとして登場
ショウの為の巡業であることを隠れ蓑に
自分の過去・未来と向き合うべく
4週間の旅に出る

↓続きは追伸をご覧ください


ショウの仲間
一人はかつてレ・ガールズとして名を馳せた
伝説のマダム
もう一人は若手ダンサーのお調子者

荒涼とした豪州の荒野砂漠を
ピンク色のおんぼろバスが駆け抜ける

バスは何度も故障する
砂にエンジンを蝕まれ
止まっている間にペンキでお色直し
気を取り直して助けを求め
手を差し伸べてもらえずまた足踏み
走り出してもまたすぐ止まり
誰かのほんの少しの愛情でまた元気を取り戻す

その様は
世知辛い世の中を
傷つきまた傷つけられても尚
歌い踊り続ける彼女達そのもの

車内は始終歌に溢れ
衣装合わせはさながら着せ替え人形
バスが故障すれば砂漠をステージにリハーサル

通り抜ける田舎町
浴びる罵声と冷ややかな視線
保守的な町で感じる差別
そのせいで
冷淡に思えた都会が故郷のように感じられる

わかっているつもりだった
タフに生きてきたつもりだった
何者にも期待などしていないつもりだったのに

それでも悲しみ傷つく
そこにある柔らかい優しさこそ
彼女達の強さ 

幸せの形が人の数だけあって
人の思いの数だけあって
いいと思う

荒唐無稽な振る舞いにも優しさが
突拍子もない美意識にも信念が
性別を超えた価値観にも愛や母性が

生き方として美しいと思えることは
外見でも体裁でもないことを
彼女達が魅せてくれる

冒頭
Charleneが歌うI've Never Been To Meに合わせ
ショウがスタートする

観終わった後
何だか思い出したのは
そのシーンと歌でした

***
エンドロールでは
海外ドラマ「アグリー・ベティ」で
すっかり悪役ウィルミナになって活躍?している
VANESSA WILLIAMSが歌う名バラード
「SAVE THE BEST FOR LAST」がしっとり流れます
***

Charlene♪I've Never Been To Me♪

Hey lady, you lady, cursing at your life
You're a discontented mother and a regimented wife
I've no doubt you dream about the things you'll never do
But, I wish someone had talked to me
Like I wanna talk to you.....

Oh, I've been to Georgia and California and anywhere I could run
I took the hand of a preacher man and we made love in the sun
But I ran out of places and friendly faces because I had to be free
I've been to paradise but I've never been to me

Please lady, please lady, don't just walk away
'Cause I have this need to tell you why I'm all alone today
I can see so much of me still living in your eyes
Won't you share a part of a weary heart that has lived million lies....

Oh, I've been to Niece and the Isle of Greece while I've sipped champagne on a yacht
I've moved like Harlow in Monte Carlo and showed 'em what I've got
I've been undressed by kings and I've seen some things that a woman ain't supposed to see
I've been to paradise, but I've never been to me

[spoken]
Hey, you know what paradise is?
It's a lie, a fantasy we create about people and places as we'd like them to be
But you know what truth is?
It's that little baby you're holding, it's that man you fought with this morning
The same one you're going to make love with tonight
That's truth, that's love......

Sometimes I've been to crying for unborn children that might have made me complete
But I took the sweet life, I never knew I'd be bitter from the sweet
I've spent my life exploring the subtle whoring that costs too much to be free
Hey lady......
I've been to paradise, (I've been to paradise)
But I've never been to me

(I've been to Georgia and California, and anywhere I could run)
I've been to paradise, never been to me
(I've been to Neice and the isle of Greece while I've sipped champagne on a yacht)
I've been to paradise, never been to me
(I've been to cryin' for unborn children that might have made me complete)
I've been to paradise, never been to me
(I've been to Georgia and California, and anywhere I could run)
I've been to paradise, never been to me
スポンサーサイト
別窓 | その他(ハリウッド・ミニシアター) | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<BELLE TOUJOURS 夜顔 | 映画徒然 | LA DEMOISELLE D'HONNEUR 石の微笑>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 映画徒然 |
▼フランス映画通信
フランス映画通信

copyright © 2006 映画徒然 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。