FC2ブログ
sautet
http://eigature2.blog28.fc2.com/
World Wide Weblog
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
THE HOTTEST STATE 痛いほどきみが好きなのに
2011-08-21 Sun 20:01

楽しくない面白味もない内容です
ただ振り返ると
夢中になってほだされて
情熱を感じておもむくままに
なりふり構わず
気が付けば その人 が自分を満たしていたような

そんな経験と記憶があって
それはそう長く続かず
それは瞬間に等しく
若さだったのか思い込みだったのか
自制心のなさゆえ?それとも
冷静さを失ってままならなかっただけなのか
今でもよくわからないけれど


▼続きは追記をご覧ください▼
確かに自分に訪れた 一過性のハヤリヤマイのような恋
あったなぁ

なんて今 分析できるのであれば
その時の自分がそこに見えるかもしれない
だからこそ 楽しくないし面白くもない

もっとこうすれば それはそうじゃない
だからそうなる ほらそこはもっと距離をとって
今の自分ならアドバイスできることが満載

そうか
私も出会いの中で経験し
今 多少なりとも大人になったなぁと
ソコハカトナク感じる時間

イーサン・ホークが切り取って見せた
あの頃の自分の記憶

・・・・・・・・・・・・・・・・
私小説的で好き嫌いが分かれそうな作品だと思いつつも
私は本作の小説が出たときに読んだのですが
青春小説として雰囲気を楽しみました。
映像にすると恋愛のもつれシーンは生々しくなっておりましたが
要は生々しさも含めて温度が伝わりよかったです。
一生懸命その時は本当に好きだった人 というのがいる人には、共感できるシーンがみつかるかもしれません。
また男女での見方の違いも大きく出そうな作品でした。
簡単に言うと、不思議ちゃん女子と執着男子みたいな見方もできそうです!?が
大人になって振り返るというスタンスで観ると全然違う感覚が得られますね
スポンサーサイト
別窓 | その他(ハリウッド・ミニシアター) | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<BURLESQUE バーレスク | 映画徒然 | BOTTLE SHOCK ボトル・ドリーム カリフォルニアワインの奇跡>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 映画徒然 |
▼フランス映画通信
フランス映画通信

copyright © 2006 映画徒然 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。