sautet
http://eigature2.blog28.fc2.com/
World Wide Weblog
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
MY BEST FRIEND'S WEDDING ベストフフレンズ・ウェディング
2006-08-28 Mon 00:52
女性が恋愛によって変われるということは
女性の醍醐味
それを素直に受け止め
恋人が登場する前の人生にとらわれず
恋人が登場してからの人生を思い描いて楽しめる女性は
やっぱり女性から見てもチャーミングで魅力的

キャリアウーマンで自分のスタイルを通してきた
ジュリアロバーツ演じるジュリアンは
他人という恋人によって自分が変わることを認められず彼と別れ、
彼と出会って自分を変えられたキャメロン・ディアス演じるキミーには、他人という恋人によってもたらされる変化を楽しめる女性らしい余裕があったのだと思う。決して自分のスタイルがなかったのではなく。

きっとジュリアンは
音痴でカラオケ嫌いなのに
彼のために必死に歌うキミーの姿を見たとき
気づいたのだと思う。
彼を幸せな気分にさせることができるのは
自分ではなく彼女なのだと。

けれどジュリアンはその気づきの後も意地悪を繰り返し
彼とキミーの仲を裂こうと奮闘する。
何でも手に入れたいわがままな子供のように。

その過程で
自分自身が今この瞬間
一生懸命になるべきことはこんなことなのだろうか、と
ジュリアンは気がつく。

自分がすべきことはたった一つ、
愛する人たちを祝福すること
それを紆余曲折の葛藤の果て
達成できたジュリアン=ジュリア・ロバーツの美しさは
キミー=キャメロン・ディアスの可愛さを遥かに越え
男前!?であり、また
最高にいい女でした!

**またしてもルパート・エヴェレットがまさにゲイの親友役で好演☆
本当にもったいない。。。普通にチャーミングでかっこいい限りです**




スポンサーサイト

別窓 | 時には恋愛/青春映画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<LA CENA 星降る夜のリストランテ | 映画徒然 | L'Homme qui Amait les femmes 恋愛日記>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 映画徒然 |
▼フランス映画通信
フランス映画通信

copyright © 2006 映画徒然 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。