sautet
http://eigature2.blog28.fc2.com/
World Wide Weblog
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
TOMBES DU CIEL パリ空港の人々
2006-09-30 Sat 03:37
パリ空港
おそらくパリの玄関口シャルル・ド・ゴール空港を舞台に
パスポートと荷物、靴までをも盗まれた
カナダとフランスの二重国籍を持つ
イタリア在住の男・アルチェッロが
空港内に足止めされた
ほんの何日かの物語

フィリップ・リオレ監督は
何日間かに起こる濃密な人間関係を描くのがとても巧い
そしていつもその余韻は長く
決して重くなく それでいてため息か深呼吸が漏れるような
じんわりとくるラスト

トム・ハンクスの「ターミナル」は
どうやらこの作品からインスパイアされたものらしい

ただ、フランス映画の90分~100分くらいの作品で良いものは
本当に濃密で無駄がなく
騒ぎ立てたドラマチックさや起伏にとんだサウンドトラックの邪魔もなく、シンプルにして秀逸

主人公を演じるジャン・ロシュフォールの存在感と
なりきっている風でもないのに
その役そのもののような顔つきも素晴らしい

同じように空港に足止めされ住み着いた個性豊かな住人達
アルチェッロを空港に迎えにきて空港で待ちぼうけの妻
そして空港を行きかう人々と
そこで働く人々
空港という
国の中にあって国ではない特殊な空間
そこが縮図となり
フランスが抱える移民の問題
多民族国家であること
そして夫婦の関係
深読みすればフランス人の働き方?など
シリアスではあるが大事な要素が多分に含まれている

だからといって
悲壮感たっぷりでもなければ
哀しみが溢れだしそうな展開ではない
時にコミカルで 時にちょっぴりセンチメンタル

確かに彼らは空港に暮らしている
皆訳ありで
けれど希望を失ってはいない
それを象徴するかのようなラストがいい

彼と少年 年齢も国籍も、人種も違う二人
彼が手を引き二人歩き出す姿に
今 この時世だから思うのか
「希望」を感じ「人の未来」さえ感じた


******************************
空港の滑走路付近でウサギを捕獲しレストランへ売っているシーンがありましたが、9年前早朝降り立つ飛行機の窓から見た滑走路の脇のグリーンには、確かに大量の穴が開いていて、ウサギがピョンピョン飛び跳ねておりました。去年の今頃、ちょうどフランスへ行きましたが、夕刻だったせいかその光景はなく、恐らく整備されてウサギはいなくなっているような気がしましたね~。

それにしてもジャン・ロシュフォールはいい俳優さんです!大好きです!ジャン・レノよりずっとずっといいのになぁと思います。

*******************************





スポンサーサイト

別窓 | フィリップ・リオレ監督作品 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<L' ENFER 美しき運命の傷痕 | 映画徒然 | STEEL MAGNOLIAS マグノリアの花たち>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 映画徒然 |
▼フランス映画通信
フランス映画通信

copyright © 2006 映画徒然 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。