sautet
http://eigature2.blog28.fc2.com/
World Wide Weblog
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
IN HER SHOES イン・ハー・シューズ
2007-05-27 Sun 02:17

姉は優秀な弁護士
妹はスタイル抜群の美人

姉はキャリアウーマン
妹は職無し宿無しのその日暮らし

姉は恋に不器用 お洒落にも不器用 
妹は文章がうまく読めない 仕事にも馴染めない

姉に訪れる恋の機会 でもやっぱりうまくいかない
妹に訪れる数多くの色事 一夜限りの危険な遊び


姉にはキャリアとお金がある
でも買いあさる高級靴はたんすの肥やし
妹には美貌と抜群のスタイルがある
でも虜にする男達は自分を軽んじるだけ

何をやってもうまくいかない しっくりこない
このままではいけない きっと、、、
そう思っているのは
姉も妹も同じ

姉妹の見え方は違えど
姉妹はとても似ている
一生懸命不器用に頑張って生きているから

そんな二人が大喧嘩 軽率な妹の生き方のせい

*続きは追伸でご覧ください↓
離れ離れの二人
その距離がそれぞえに作用し それぞれを変えていく

姉妹の祖母にシャーリー・マクレーン
老人ホームで暮らす素敵な祖母を好演
彼女はやはりオーラ漂うスターの存在感

祖母はキャメロン・ディアス演じる妹を
包容力 寛大さ そして責任ある放任(個人として尊重しつつ見守る姿勢は怠らない)でもって支え導いていく
その過程の中で彼女もまた導かれていく

良い関係と言うのはお互いを良く刺激し
よいふうに変えていく
素敵な変化をもたらす存在

姉にもまた同僚という極めて身近な存在の中に
その逸材が隠れており
頑なな彼女を変えていく

視野を広げれば自分がそれと気づかない
きっかけがいっぱい転がっている
姉妹の視点に立つと
本当にそれがよく描けている

何を持っているから幸せ
何を手にしたから満足
人はそういう一点突破的なことで満ち足りることはないんだなぁと
じんわり

タイトルのイン・ハー・シューズというのは
慣用表現で「彼女の側に立って」「彼女の立場になって」
というような意味があるとか
姉の立場 妹の立場
もっと言えば 祖母の立場 そして母親の立場

作品自体をとてもよく現しているタイトル

2時間ちょっとという時間をかけて
じっくり ゆっくり 進んでいくストーリー展開がとてもよかった
ハリウッド映画だと急展開がセオリーのように思えて
少し敬遠しがちだけれど
この作品は静かでハッピーな作品

*見所の一つとしてあげられるのが
キャメロンディアスの素晴らしいプロポーション!
彼女のビキニ姿は大人の女性のちゃんと鍛えられた美しさがあって
セクシーだけれどいやらしさがなく美しい!

そして有名ブランドの靴がドレッサーに並ぶシーンも圧巻。
ジミー・チュウの靴のヒールを折ったキャメロンが
チューインガムでヒールを固定してドレッサーにこそっと戻しておいたのにはくすりとさせられました。





スポンサーサイト
別窓 | その他(ハリウッド・ミニシアター) | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<TICKETS 明日へのチケット | 映画徒然 | L' ENFAN  ある子供>>
この記事のコメント
#45 デートシーンは確かに!
discasのレビューを観ていると、お姉さんが最終的に(笑)結ばれる同僚の彼、そんなにカッコヨクなかった・・・というようなコメントがあったけど、私的には彼はイケメンではありませんがとても素敵に見えましたね~お寿司屋さんをランチにチョイスで、オーダーもイニシアチブとれてあれだけツウでユーモアとインテリ備わってたらラビでもいいじゃあないですか(笑)ああいう感じの人を実は イイオトコ というのでは?と思います。高級店~レゲエbarまでカヴァーしてるキャパの広さ、魅力的(笑)
2007-06-06 Wed 21:35 | URL | sautet #KDYCphRY[ 内容変更] | top↑
#44
シャーリーマクレーン、圧倒的存在感ですなあ。
女性は若さとはまた違う‘美‘を持っているんだ、と
思わされます。

弁護士のお姉さんとその彼の、重ねられてゆくデートのシーンがこれまた素敵。その中にはすし屋もあったっけ(笑)

ヒューマンドラマだけど、もっさくない。
お気に入りです。

2007-06-05 Tue 23:52 | URL | Hama #Mi71dNxA[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 映画徒然 |
▼フランス映画通信
フランス映画通信

copyright © 2006 映画徒然 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。